青森県更生保護協会は,地域社会の一員として、犯罪や非行をした人の立ち直りを支援します

青森県保護司会連合会HOME > 作文コンテスト

作文コンテスト

青森県“社会を明るくする運動”作文コンテスト

 作文コンテストは平成5年から始まり今回で24回目となり,平成28年は,全国から合計329,994点(小学生約139,647点,中学生190,347点)の応募がありました。また、青森県では、合計565点(小学生141点,中学生70点)の応募がありました。青森県更生保護協会では,入賞作品集「ひまわり」を作成し,保護司と関係団体に配付しました。
 毎年,以下のような要領で実施しています。多くの学校でこの作文コンテストに取り組み,たくさんの応募をいた だきますよう,御協力をお願いします。詳しくは,青森保護観察所や各地域の保護司会にお問い合わせください。(最後に記載)



【主 催】
“社会を明るくする運動”青森県推進委員会

【後 援】
青森県教育委員会,青森県小学校長会,青森県中学校長会,青森県保護司会連合会,更生保護法人青森県更生保護協会,更生保護法人あすなろ,特定非営利活動法人青森県就労支援事業者機構,青森県更生保護女性連盟,青森県BBS連盟,青森県協力雇用主会連盟など

【対 象】
青森県内の小学生及び中学生

【テーマ】
“社会を明るくする運動”の趣旨を踏まえ,日常の家庭生活,学校生活の中で体験したことを基に,犯罪・非行のない地域社会づくりや犯罪・非行をした人の立ち直りについて考えたこと,感じたこ となどを題材としたもの。

【原稿枚数】
400字詰め原稿用紙3~5枚程度

【応 募】
各市,郡,町村単位等に設置される“社会を明るくする運動”地区推進委員会に9月1日までに応募してください。

【表 彰】
県推進委員会において審査し,優秀な作品については,法務省と中央推進委員会主催の全国コンテストに推薦します。中央推進委員会で,法務大臣賞(最優秀賞)をはじめ,全国連合小学校長会会長賞,全日本中学校長会会長賞,全国保護司連盟理事長賞などの各賞が決定された後,青森県の各賞(小学生・中学生いずれか1名ずつ)を決定し,入賞者には1月予定の表彰式の御案内と合わせて12月中にお知らせします。
        

  • ・青森県推進委員会委員長賞(りんご賞)
  • ・青森保護観察所長賞(ひまわり賞)
  • ・青森県保護司会連合会長賞(なのはな賞)
  • ・青森県更生保護協会理事長賞(れんげ賞)
  • ・あすなろ理事長賞(あすなろ賞)
  • ・青森県就労支援事業者機構会長賞(はまなす賞)
  • ・青森県更生保護女性連盟会長賞(さくら賞)
  • ・青森県BBS連盟会長賞(たんぽぽ賞)
  • ・青森県協力雇用主会連盟会長賞(こすもす賞)


その他
応募作品は他のコンテスト等への応募作品を除く自作・未発表のものに限り,原則として原本(手書きのもの)とします。応募に当たっては,題名,学校名,学年,氏名を明記してください。

平成28年(第66回)社会を明るくする運動 作文コンテスト 更生保護関係団体の代表と被表彰者

全国“社会を明るくする運動”作文コンテスト
(中央推進委員会)